MOVEコーチングで答を探す

 

問題の答はどこに?

適切なコーチングを受けることによって学習や仕事のパーフォーマンスを
格段に上げることができます。

 

自分自身を客観的に観察することはなかなか難しいことですが、
コーチングを受けるとコーチが様々な質問を投げかけて
クライアントに気づきをもたらしてくれます。

 

コーチングは、クライアントの深層心理を探り、無意識にまで
働きかけてクライアントの心の内部に変化を導くひとつのスキルです。

 

コーチングで利用される質問形式には、二種類あります。
それらは、チャンクダウン形式とチャンクアップ形式です。

 

チャンクダウン形式は、質問を細分化して、クライアントの意識の底まで
掘り下げて行き、無意識にまで質問を投げかける力があります。
何故か?ということをトコトン追求して問題点を掘り下げて行きます。
心の奥へ深く入り込んで行くと、思いがけない気づきがあるかも知れません。

 

チャンクアップ形式は、問題点を俯瞰して分析する手法です。
高いところへ高いところへ上がって行って、問題を高所から眺めます。
そこに新しい視点を発見するかも知れません。

 

コーチングのこのようなワークによって自分ひとりでは気がつかなかった問題の
核心部分に出会うことがあります。気づきは、自分の心の中にあります。
問題の答も自分の心の中に既にあるのです。

 

コーチは、その手助けをしますが、セルフ・コーチングなら自分でコーチの役割も可能です。
どんなに暗い夜でも必ず朝が来ます。問題の答は、既に自分の答の中にあるのです。
それに気がつくのはコーチングスキルで簡単に可能です。