オープン・クエスチョン&クローズド・クエスチョンを活かす

 

オープン・クエスチョンとクローズド・クエスチョン

オープン・クエスチョンとクローズド・クエスチョンの違いをご存知ですか?
オープン・クエスチョンとは、文字通り「開かれた質問」というのでしょうか、
5W1Hを使っていて、相手が自由に答えることのできる質問のことです。

 

一方クローズド・クエスチョンとは、「閉ざされた質問」で
相手が自由に答えることができず、はいとかいいえで答えるものです。

 

クローズド・クエスチョンでは、YESかNOの二者択一ですね。
意見を確認する、事実をはっきりさせるためには有効でしょう。

 

しかし、相手の心の内側をじっくり観察するためには
相手が自由に答えることのできるオープン・クエスチョンが最適です。

 

ただ、WHYというのを多様すると「何故?何故?」とくどくなって
相手を詰問するクローズド・クエスチョンにも似た影響が出てしまいます。

 

「何故、できなかったのだ?」と聞くよりも
「何が足りなかったと思う?」と聞く方がベターです。
WHYを多様するのでなく、WHATを中心に質問してみましょう。

 

WHATを使うことにやって、相手も意外と自分は出来るのだ、
既に知識を持っていたのだと、本人に気づきを与えることができるかも知れません。

 

相手に気づきを与える、それがコーチングで目的とするもののひとつです。